カオルキッズランド・ケアルーム ((社福)翠陽会)カオルキッズランド・ケアルーム

各疾患ごとの利用可能基準 

このような病気でもご利用いただけます。病名や症状に合わせて保育室を分けています。

  病名 利用可能基準
1 インフルエンザ
はしか (麻疹)
風疹
水ぼうそう (水痘)
未就学児:発症後2日を経過し、かつ、機嫌がよく食事が摂取可能である
小学生以上:発症後1日を経過し、食事が摂取可能である
2 おたふくかぜ (流行性耳下腺炎) 食事が摂取可能である
3 ヘルパンギーナ 診断がついて食事が摂取可能である
4 手足口病 診断がついて食事が摂取可能である
5 ウィルス性嘔吐・下痢症 (胃腸炎) 嘔吐がなく、水分・食事 (粥など可)が摂取可能である
6 百日咳 レプリーゼ(笛吹き性の呼吸)や咳が減少傾向になっている
7 溶連菌感染症 適切な治療が開始されている
8 気管支喘息 主治医の許可がありSpo2 95%以上ある
9 プール熱 (咽頭結膜炎) 食事・水分摂取が可能である
10 はやり目 (流行性角結膜炎) 主治医の許可がある
11 外傷性疾患(けが/やけど) 症状が固定した以降
12 発熱 全身状態による (要相談)
そのほか 上記以外の疾患 急性期を過ぎた以降
一般症状 ・ 食欲は普通の半分程度あること
・ 水分補給が自力でできること
対象児童
① 6か月から小学3年生
② 保護者などの就労や傷病、出産、介護、冠婚葬祭などにより、家庭において保育ができない場合

※ 発症した日、治療開始日、解熱した当日を0日(ゼロ)として数えます。

※ 症状等、詳しいお話を聞いてから判断しますので、電話にてご相談ください。

※ 医師の記入した「病児・病後児保育利用連絡書」の内容を優先して判断します。

解熱剤を12時間以内に使用している場合はお預かりできません。

※ 解熱とは24時間平熱で過ごせたことを指します。

※ 利用日当日、再受診が必要と判断した場合・症状悪化の場合はお預かりできないこともあります。